会社案内

基本理念

木質バイオマスは、それが熱利用であれば、使えば使うほど地域が豊かになります。弊社は欧州で広く普及しているバイオマスを、日本でも当たり前のように普及させていくことを目的として設立しました。そのためには真のモデル事例を構築し、点を面にしていくことが不可欠です。

メーカーが売りたい設備を提案するのではなく、お客様の立場に立って最適なシステムを提案し、実現していくこと、これによって導入されたお客様に、真に喜んでいただくこと、このことこそが弊社の理念実現のための出発点です。

会社概要

社名 株式会社WBエナジー
所在地 〒101-0021 東京都千代田区外神田5-5-10
TEL 03-4405-8088
FAX 03-4496-6413
E-mail info@wbenergy.co.jp
設立年 2015年
事業内容 KWBボイラーの輸入・販売・サービス
Radius-Kelit熱導管の輸入・販売
バイオマスボイラー施設導入にかかわるエンジニアリング
アクセス 地下鉄銀座町末広町駅より徒歩3分
JR御徒町駅より徒歩5分
JR秋葉原駅より徒歩10分
アクセスマップ

スタッフ

代表取締役社長 梶山 恵司(かじやま ひさし)

外務省、日興リサーチセンター、富士通総研、経済同友会(出向)、内閣官房内閣審議官を経て現職。欧州で当たり前に普及しているバイオマスを日本で本格導入すべく、研究から実践の世界に。世界バイオエナジー協会常任理事。

取締役 技術担当 松橋 秀明(まつはし ひであき)

(株)テクノ菱和にて、設計業務を経験後、主に技術開発と情報システムの分野の業務に従事。2008年同社取締役就任後、環境ビジネス本部長、技術本部長等を経て、現在は、当社の技術部門担当。

取締役 営業担当 北川 弘美(きたがわ ひろみ)

京都大学大学院地球環境学舎環境マネジメント専攻修了。(株)富士通総研にて環境エネルギー研究・コンサル業務に従事。2018年まで京都大学大学院経済学研究科 非常勤講師。

山崎 尚(やまざき ひさし)

バイオマスシステムのエンジニアリング担当。
長年にわたり、建築のエネルギー計算に従事。九州大学大学院博士課程 工学博士。

佐藤 健実(さとう たけみ)

メンテナンスなどのサービス部門担当。
建設コンサルタントとして国内外の電気設備設計に従事後、2013年~2017年北海道下川町にて木質バイオマスによる熱電併給事業の計画立案やエネルギー関連調査に従事。
東北大学大学院修士 電気・通信工学専攻修了。技術士(電気電子部門)、エネルギー管理士。

セバスチャン・ロット

バイオマスシステムのエンジニアリング担当。
ドイツにて4年間の設備設計・施工の現場経験。ライプチッヒ工科大学 再生可能エネルギー専攻。

射庭 昌志(いば まさし)

バイオマスボイラーのインストール担当。
制御盤設計製造会社にて電力設備向け設備の設計・施工管理・現場工事に従事。
福井工業高等専門学校専攻科 生産システム工学専攻。第1種電気工事士。

西山 直輝(にしやま なおき)

バイオマスボイラーのインストール担当。
法政大学大学院修士 建築学専攻。

中野 宇宙斗(なかの そらと)

メンテナンスなどのサービス部門担当。
給排水設備会社にて施工管理・現場工事に従事。
東京国際大学商学部商学科専攻。

顧問 今枝 真寿(いまえだ まさとし)

日本興業銀行に入行後、同行米州事務部長、みずほ信託銀行管理部長を経て、やまと生命保険執行役員、DIAMアセットマネジメント常務取締役、東京熱化学工業社長を務め、現在当社顧問。総務・管理部門担当。

役員

取締役 松田 公太(まつだ こうた)

タリーズコーヒージャパン創業者。BERI設立発起人の一人。元参議院議員。2016年7月よりビジネスの世界に復帰。原発に頼らないオープンなエネルギー転換を実現すべく、再生可能エネルギーの普及に尽力。

取締役 須賀 等(すが ひとし)

三井物産に24年間勤務。(株)エム・ヴィー・シー(三井グループ系ベンチャーキャピタル)初代代表取締役社長。タリーズコーヒージャパン(株)を発掘し、創業時出資、2006年まで取締役副会長、2016年まで特別顧問。国内外ベンチャー企業社外役員・顧問等実績多数。丸の内起業塾(三菱地所後援)塾長。現山梨学院大学国際リベラルアーツ学部副学部長・教授。ハーバード大学経営大学院卒(MBA)。

取締役 輸入担当 山田 俊作 ダニエル(やまだ しゅんさく だにえる)

証券会社投資銀行を経て農林業の世界へ。2012年林業アウトドア防護服の輸入卸販売ファナージャパン代表(~現在)、2014年ナカザワアグリマシーン(株)代表(~現在)。自宅にKWBボイラーを設置しており快適に生活中。

お問い合わせ